Skip to content

日焼けでシミ・そばかすになる理由

shutterstock_395924797日焼けというのは女性の肌にとって大敵で、なるべくならば日焼けを避ける必要があります。日焼けによってシミやそばかすになってしまうとなると後悔してしまいます。そうならないためにも日焼けによってなぜシミやそばかすになるのかという理由をしっかりと理解しておくといいです。

■そばかすは遺伝的要因が大きい

そばかすというのは日焼けによってできるというわけではなく、遺伝的要因が大きいです。黄色人種であれば5歳から6歳頃から現れて思春期に最大になって、加齢するとともに薄くなってきます。しかし、子供時代にきちんと日焼け予防をしていないと、紫外線を思いっきり浴びているために、思春期以降はそばかすだと思っていた箇所が実はシミになっていたということもあり得ます。

■シミは日焼けによってできる

紫外線を浴びると皮膚の表面近くにあるメラノサイトが働いてメラニンを生成します。メラニンが生成されたとしても肌のターンオーバーによって28日周期で皮膚から剥がれ落ちるわけですが、その時にも紫外線を浴び続けると皮膚に沈殿してしまって、シミとなってこびりつくわけです。

ターンオーバーは加齢とともに周期が長くなっていきますと、紫外線を浴び続けることが蓄積されると、中年期から、頬や額、鼻の下などに色素沈着が起きます。手の甲や顔などに老人性色素班と呼ばれる色素沈着が見られるのも、過去の紫外線の蓄積によって起こるものです。小さいころから日焼け予防をしておかないと中年になってからシミとなって現れてしまいます。

■シミをどうやって予防するのか?

4月から9月の10時から14時ぐらいというのは強烈な紫外線が降り注ぎますが、その時間に日にあたらないというのは不可能なことです。そうであれば、直接日光に当たらないように対策をしておく必要が出てきます。対策のポイントとしては太陽から肌まで何層も作ることによって、紫外線がなるべく当たらないようにすることです。

■ビタミン類のサプリメントを摂取する

サプリメントなどで内部から紫外線で受けたダメージをケアするという考え方もあります。サプリメントと言えばビタミン類が知られているわけですが、特にビタミンCとビタミンEが効果的です。これらのビタミンを両方取ることで相乗効果が図れます。

■日焼けに注意することが大切

日焼けというのはシミやそばかすのためには悪いものです。特にシミは紫外線を浴びすぎることによって起きますので、きちんと予防することが求められます。

グラングレース ローションを使ってシミをよくしませんか?